2004.02.26

「へ~」第1回歴史研究会開催される

2月24日、第1回歴史研究会が開催されました。この会は、宝島研究会のワークショップとも位置づけられますが、より多くのナレッジプラザの会員の参加を求めるため研究会として立ち上げたものです。座長は、清水祥行(佐藤会計事務所)です。第一回目の参加者は、島民から山谷さん、佐藤紘英さん、榎本くんと私が参加しました。渡部さん、中村さんあたりが焚き付けに一役買っていますので、そのうち・・・。そのほか社会保険労務士の片山さん、ロムの有森さんが参加されました。

第一回目ですから今後の進め方、焦点の当て方についてああでもない、こうでもない・・・。そのうち座長の薀蓄(うんちく)に一同「へ~、へ~」を連発。結局山谷さんの今年の海外遠征の気づきである「語れる北海道」がキーのテーマになりました。海外で北海道のことについて多くを語ることができないご自身に気づいたそうです。一同、我に置き換え納得。ということで次回からは、各自テーマを自分で選び、「へ~」の交換会をすることになりました。

では、「へ~」を一つ
1884年: 函館「養和軒」にて「南京そば」というメニューがあった。函館新聞に広告が載せられた物で、日本で最初に、正式に中華麺が宣伝された可能性がある。ただし、この「南京そば」が、現在のラーメンにつながる汁そばであるかどうかは不詳である。 新横浜ラーメン博物館 のサイトの記事から。

異説諸々ありますが、面白いですね。島民No.1佐藤

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.23

島民NO2中村さんが記事を書いてます

島民NO2 中村さんがご自身のBlogに「熱い仲間たち」として20日の会議の模様を写真入で記事にしてます。いつも熱い 信ちゃん、今回の記事も熱っぽい!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.20

只今会議中

2月20日(金) 19時00分より終了推定時刻01時20分頃???

月一回の宝島研究会が開催されました。

今月はネットワークの活用で、どのように北海道宝島の認知度を高めるか・・・
また、実際にblogを活用しての実践報告が島民1号佐藤等さんからありました。

島民土井さんからは、宝島の役割はインフラなのか・・・との大変意義があり、将来を見据えた問いかけに
出席者全員で熱く議論が広がりました。→ 宝島はインフラであり、そこに集う島民単位はビジネスウエルカムだ。

今後のワークショップのあり方・・・実際の行動・・・などなど、
今回も話しが尽きることなく・・・お腹も空いたことで場所を変えようと近場の小洒落た居酒屋へ・・・
そこでも終わらず、それぞのグループに分かれ次の会場を探してネオンに消えていきました。

記事責任 島民2号

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.11

3月9日ラム肉調査団派遣

昨年から予定の池田町BOYA FARMでのラム肉調査の日が近づいてきました。調査団は少数ですが堪能、いやまじめに調査して参ります。安西氏については、11月のイベント時に島民川村さんが皆さんにご案内しましたが、このたび「宝物を探せ」に宝物リンクとして掲載しました。「羊飼いの焼肉」などおいしそうな写真が多数掲載されています。調査に参加できない皆さん写真で我慢してください・・・悪しからず。【住民票NO1】佐藤

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.07

生い立ち

2004.1.16に宝島の拡大発起会を行ないました。33名の参加を得て、例によって熱気で溢れかえっていました。冒頭に北海道宝島研究会の発足の経緯を私のストーリーでまとめましたのでこれをアップしておきます。

経 緯*****************それぞれのストーリー<佐藤等の場合>
1999.秋   起栄の会の前身が起動
        ◆佐藤等、孫竹昌幸、高塚伸志、瀬戸篤、杉原浩章
         ~以上 海援隊)
2000.4.20  「起栄の会」第一回開催
        ◆<出逢い、気づき、学び、そして行動>
         をモットーに活動開始
2000.4    小樽商科大学大学院入学
        ◆地域応用経済学・・・北海道の現状を知る
         指導教官:瀬戸篤助教授
         ☆イノベーション(新結合)の必要性を実感
          OB・在学 ~鈴木宏一郎、土井尚人、
          榎本光洋、高塚伸志、川島真一
          →ソーシャルキャピタルの形成
2002.7.19   起栄の会、大学院での気づきや学びを
         基礎として
        ◆地域の経営支援プラットフォーム
          ナレッジプラザ設立
2003年初  海援隊有志で
        「北海道のために具体的に行動したい」と話す
2003.9    居酒屋「柳」で・・中村信仁氏とやはり
        「北海道のために具体的に行動したい」と話す 
2003.9    9月のとある日、
        就寝中「北海道宝島」の言葉が浮かぶ!
        (本人的には気に入っています)
2003.9    プレ会に向けてかねてから
        「北海道のために・・・」と目星をつけていた
        方々にお声掛けする 
        ◆「北海道宝島研究会」立ち上げ
2003.9.22  プレ会実施 母体ナレッジプラザの
        ポリシーをお伝えする。
        ◆活動の基本姿勢、目指すものなど
        フリートーキング参加者13名
2003.10.17 早くも定山渓合宿
        ◆目指すものなどフリートーキング
2003.10.20 ミーティング
        ◆11.20イベント打ち合わせなど
2003.11.17 ミーティング
        ◆11.20イベント打ち合わせなど
2003.11.20 大交流祭開催
        ◆11の異業種交流会・研究会で95名参加
         『北海道宝島宣言』を行なう。
11.20の案内文です↓
日頃様々な目的で交流会や勉強会などに参加して積極的に地域の問題に取組んでいる方々が一堂に会して、北海道の進む道を考える機会を設けます。新たな<出逢い>と新たな<気付き>を皆さんで共有することで、新たな1頁が開かれることを願っております。
主催の「北海道<宝島>研究会」は、以下の3つの行動を通じて、北海道の潜在力を引き出し、北海道を
魅力ある憧れの地<宝島>とすることを目的として、平成15年年9月より活動を開始しました。
① 北海道に眠っている宝物を探し出し、価値ある形で世に送り出すこと。
② 北海道スタンダードを発信し、多くの交流が生まれること。
③ もの・心・環境ともに豊かな地域を実現すること。
以上「北海道<宝島>宣言」
今回は、この「北海道<宝島>宣言」をするとともに、これを実現するために、広く志を同じくする方々の参加を募るべく<大交流会>を企画しました。

2003.12.8   ミーティング
        ◆今後の活動体制など
2004.1.9    ミーティング
        ◆1.16の打ち合わせなど
2004.1.16  セミナー&拡大発起会
        我々の活動の基盤である北海道の未来のために、
        ともに考え行動する志を同じくする方々を募るべく
        北海道宝島研究会拡大発起会を開催(参加33名)

| | Comments (1) | TrackBack (0)