« February 2004 | Main | April 2004 »

2004.03.30

Page View

昨日ブログ開始から26日目で1000Page Viewを超えました。ささやかな目標達成^^v。次は月間1万PVを目指せ!島民の皆さんどんどん開いてください。どんどん投稿ください。どんどん広げてください。島民No.1佐藤

| | Comments (1) | TrackBack (1)

2004.03.28

シープランド北海道プロジェクト発進

ラム肉調査隊の帰還報告を受け3月26日の北海道宝島研究会では、シープランド北海道プロジェクトを発進することを話し合いました。このプロジェクトは、北海道宝島研究会の第1弾プロジェクトにふさわしいと当日の参加者内で意見が一致。土井さんからの差し入れビールで約1.5時間議論を沸騰させた後は、三好隊員に率いられラム肉偵察隊をお洒落なお店に突入させ議論を深めました(詳しくは、メーリングリストの議事録を参照)。こんな楽しい夜を欠席した皆さん本当に残念でした。後日美味しいラム肉の写真を掲載します。

ところで日本における羊飼育の歴史を調べてみると、当初羊毛用に飼育され100万頭まで到達した時期(1957年)がありましたが、現在はほとんどが食用。1万頭という最低の時期(1976年)を経て、現在は3万頭あまりとなっているそうです。島民の鈴木氏によれば、遠野周辺にはジンギスカン屋が多いとか。研究会に参加していたメンバー一同「へー」の連呼。調べてみると平成元年(1989)には盛岡市において羊シンポジウムが開催されるなど羊先進地域でした。もちろん北海道にも羊がよく似合いますよね。私たちにとって古くて新しい宝物が発見されました!次回の研究会は、プロジェクトの構想の詳細をお話しますので是非ご出席ください。島民No.1佐藤

| | Comments (21) | TrackBack (1)

2004.03.17

島民の川島さんの会社が紹介されています

中小企業総合事業団が「グループ情報調査及び異業種ネットワークに関する実態調査報告書」を2月にまとめた。島民の川島さんの会社、㈱エルフィンがとり上げられています。エルフィンは、ものづくり系の異業種交流会からスタートした全国的にも珍しい会社です。今や欧州自動車メーカーに部品を供給するまでになりました。屋外で使える大型EL(ペーパーライト)は、北海道の宝物の一つです。異業種交流のこととか記載されていますのでお時間のある方は是非見てください。島民No.1佐藤

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.15

ラム肉調査隊から写真入手

09ram_tataki.jpg

光永隊員から写真を入手しました。料理はたくさんありますが、やはりトドメの「ラムのたたき」ですね。あまりの美味しさについつい写真をとる前に手をつけてしまいました。失礼!

ラム肉の饅頭も最高でした。これぞ北海道の料理、大陸的です!これはいける・・・。ラム料理の数々、本当に美味しい食べ物にはなかなか出会わないもの。感謝です。興味のある方是非コメントを残してください。次のタイミングにお誘いします。島民No.1佐藤

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.03.14

第一回新選組サミット開催される

幕末に反幕府勢力の鎮圧に当たっり活躍した新選組ゆかりの地の観光協会などが集まってまちおこしを考える「第1回全国新選組サミット」が13日、土方歳三副長の出身地、東京都日野市で始まった。新選組が活躍した京都市の商店街や芹沢鴨局長の出身地、茨城県玉造町の観光協会、近藤勇局長が捕らえられた千葉県流山市の町おこしの会、福島県会津若松市の観光協会など約20団体が参加。もちろん我が函館も参加し、約1100人が集まった。

新選組をめぐっては、京都のほか、会津や函館、隊士の出身地などゆかりの地域は多く、今年函館市や京都市でもサミット開催予定あり。今回のサミットには熱心な新選組ファンだけでなく、これらの地域の自治体職員や商業・観光業の関係者も参加し、各地の物産振興や観光振興などについて情報交換、議論。新たなネットワークの誕生です。島民No.1佐藤


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.10

ラム肉調査隊帰還

昨日からワインで知られる池田町のBOYA FARMというファームイン準備中の施設を訪ねてきました。ここは、民間では日本最大の羊の飼育頭数(約600頭)を誇っています。牧羊犬のブリーダーとしても知られ、実際家族以外の労働力は、牧羊犬3頭のみによっています。働きぶりは、1頭ずつ異なるコマンドーでコントロールされ見事との一言。

池田町と言えば、ワインと牛が有名ですが、ここの羊肉も東京、大阪のイタリアンレストランなどに直接送られ、ブランド化しつつあります。羊料理といえばジンギスカンと相場は決まっていますが、今回はラムのたたきやマレーシアンカレー、ポトフ、串焼きとこれまで食べたことのない料理ばかり。調理は、特別調理人が我々のために休暇をとって参加して頂きました。素材と調理の腕でどれも美味しく頂きました。あまりの美味しさについついお酒も進み、夜中まで北海道の新しい「宝物」の話に熱中。一同夏の野外バーベキューを約し解散。国内最高峰の肉を賞味したい方は、ご連絡下さい。美味しい話の続きは、次回の研究会で・・・。

オーナーの安西さんお世話になりました。調査隊の皆さんお疲れ様でした。光兄!写真の投稿を願いします。島民No.1

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.03.07

農業はダントツ<北海道がNo.1を探せ>に追加 

<北海道がNo.1を探せ>に追加しました。
販売農家農業就業者1人当たり農業粗生産額(エクセルファイルで開くのに時間がかかります)は、2001年の統計で609.6万円と第2位の宮崎県(398.8万円)を大きく引き離してダントツ一位です。十勝を中心に大型で効率のいい農業が展開されています。また日本の食料自給率は40%(2002年/カロリーベース)、北海道は約180%でやはりダントツトップ。日本の食料庫として益々その地位が高まればいいのですが・・・。

北海道では、1997年から産業クラスターの形成、促進に向けた動きがあり、農業クラスターの形成も進行中。農家が取り組む消費者などと連携した契約栽培や産直、直売所の設置など農業生産に直接関わる分野のほか、地域農産物を利用した食品加工業なども行われています。最近では、農村景観、体験を活かしたファームインやファームレストランの経営など農業を核とした様々な取組が進められています。グリーンツーリズムなどのベースとしても今後に期待したいと思います。

農協関係者の3割が北海道米を食べたことがない、その理由の2割が「食べたことがないから」だという・・・・(沈黙)。宝物は、育てるものですよね。宝島の島民の皆さん、北海道米ちゃんと食べましょうね。島民No.1佐藤

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.06

宝島歴史探訪サイトを設けました

宝島歴史探訪サイトを設けました。
凄いサイトを見つけたのでつい・・・。その名も「道南ミュージアム」。意外と知らない北海道の歴史。歴史研究会の「語れる北海道」のネタを探していたらこのサイトを発見。我が出身地でもあり思わず見入ってしまいました。何もないところでも歴史的事実があれば、城のような史跡がなくても人は集まります。壇ノ浦や巌流島だって何もありません、有名史実があるだけです。有名な史実は、余りありませんが北海道の歴史を再(?)認識して宝物にしたら面白いはずです。島民No.1佐藤

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.03.05

幌加内そば、<ここがNo.1を探せ>に追加

<ここがNo.1を探せ>に追加しました。
そばといえば信州そばが有名ですが、全国一のそばの作付け面積(2260ha)を誇る街が北海道にあることは、意外と知られていません。そば効果で活気にあふれている街が幌加内町です。町内にはちょっと変わったそば料理やそばを用いた商品も多数あり、イベントも活発です。まさに街の「宝物」です。体験とツーリズムは、切っても切れない関係にあります。そば打ち体験がリピーターを呼ぶ仕組み作りができつつあるようです。いつも紹介頂いている春日さんの記事によると北海道は、2007年度までに道外からの入り込みを800万人(25%)増やしたいとしています。
物産+交流+ツーリズムという発想で育てば、大きな宝になりますね。島民No.1佐藤

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.04

水俣&遠野へ

先週末,熊本県水俣市で開催された『全国グリーンツーリズムネットワーク第一回大会』に参加してきました。今週末は岩手県遠野で始まる『東北ツーリズム大学』のプレスクール出席です。全国各地で宝物=地域資源を大切にした,サステイナブルな地域振興の息吹が起こっています!地域住民とアカデミックな世界は盛り上がってる・・・ここにビジネスの視点を持ち込みたい! 北海道につなぐネットワークを広げられるだけ広げてきます!! <毎日の入力全然できてません・・・スイマセンm(_ _)m 島民4号:宏一郎>

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2004.03.03

宝物上陸す!北海道日ハムついに来る

ついに北海道日本ハムファイターズが上陸した!
このところの停滞感から抜け出すきっかけをつかめずにいる北海道の経済界にとって、北海道日本ハムファイターズの誕生は、まさに“救世主の出現”だ。シンクタンクの予測では、道内経済への波及効果は約200億円、1600人余りの就業者数増加があるとか。その数値もさることながら、「新庄」効果を筆頭に心理的な明るさを道民に与えるのが大きい。道民の70%が応援するとも言われている北海道の球団誕生に、一大勢力のジャイアンツファンならずとも夢がふくらみます。北海道日本ハムファイターズによってもたらされる“夢を共有する喜び”(もちろん夢は優勝!)が、北海道活性化の起爆剤になれば・・・みなさんで応援し、宝磨きをしましょう。島民No.1佐藤

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.01

ニセコへオーストラリアからスキーツアーが絶好調!

昨日道新にも、2月20日の日経にも報道されていましたが、ニセコ(倶知安)へオーストラリアからスキーツアー客が10倍増の勢いだそうです。海外へスキーとなるとカナダが一般的とか。時差はないし、近いし、安いし。ツアー客は、およそ10日は滞在するとのこと。ホテル、スキー場は、もとより近くの居酒屋、コンビニも時として占拠状態になるとか。

北海道を世界の一地域としてみると、機会が見えてくる。この視点は、絶対必要ですね。先日行なわれた上海ビジネスネットワーク(渡部さんなどが参加)の会合でも、香港のバイヤーは北海道ブランドの高さを認識しているとの話が出ていました。まさに外貨稼ぎ!問題は、どうすれば外からの視点を持てるかです。研究会の重要テーマか?島民No.1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

島民原簿NO15 川村 乃

【氏  名】 川村 乃(オサム)
【生まれ】 函館市
【職  業】 手すり研究家
       道産ラム肉伝道師
       ワーキング・スポーツ犬研究家
         

【所  属】 アネカムジャパン㈱ 代表取締役
          
       学校法人 桔梗学園 ききょう幼稚園 理事 
【所属、主催する研究会・交流会】
       ナレッジプラザ  会員
       北海道宝島研究会  島民
       よりよい住まいを考える会  幹事
       函館 Dog Sport Club 幹事
       北海道北欧化研究会  主催

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« February 2004 | Main | April 2004 »