« 島民原簿NO14 高橋 和彦 | Main | 島民原簿NO15 川村 乃 »

2004.02.26

「へ~」第1回歴史研究会開催される

2月24日、第1回歴史研究会が開催されました。この会は、宝島研究会のワークショップとも位置づけられますが、より多くのナレッジプラザの会員の参加を求めるため研究会として立ち上げたものです。座長は、清水祥行(佐藤会計事務所)です。第一回目の参加者は、島民から山谷さん、佐藤紘英さん、榎本くんと私が参加しました。渡部さん、中村さんあたりが焚き付けに一役買っていますので、そのうち・・・。そのほか社会保険労務士の片山さん、ロムの有森さんが参加されました。

第一回目ですから今後の進め方、焦点の当て方についてああでもない、こうでもない・・・。そのうち座長の薀蓄(うんちく)に一同「へ~、へ~」を連発。結局山谷さんの今年の海外遠征の気づきである「語れる北海道」がキーのテーマになりました。海外で北海道のことについて多くを語ることができないご自身に気づいたそうです。一同、我に置き換え納得。ということで次回からは、各自テーマを自分で選び、「へ~」の交換会をすることになりました。

では、「へ~」を一つ
1884年: 函館「養和軒」にて「南京そば」というメニューがあった。函館新聞に広告が載せられた物で、日本で最初に、正式に中華麺が宣伝された可能性がある。ただし、この「南京そば」が、現在のラーメンにつながる汁そばであるかどうかは不詳である。 新横浜ラーメン博物館 のサイトの記事から。

異説諸々ありますが、面白いですね。島民No.1佐藤

|

« 島民原簿NO14 高橋 和彦 | Main | 島民原簿NO15 川村 乃 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14687/235727

Listed below are links to weblogs that reference 「へ~」第1回歴史研究会開催される:

« 島民原簿NO14 高橋 和彦 | Main | 島民原簿NO15 川村 乃 »