« 反響! | Main | 北海道開拓使の会 »

2004.02.25

産地の戦略「不十分」

日経新聞北海道経済欄に「岐路に立つ道産農水産物」シリーズが始まりました。数日注目して読みましょう。


以下は、記事の概要です。

/////////////////////////////////////////
北海道ブランド、産地の戦略「不十分」75%

 「北海道産」だけでは消費者ニーズに対応できない――。日本経済新聞社が道内外の小売り、外食、商社(卸)などに「道産農水産物のブランド力」について聞いたところ、こんな結果が出た。品質や知名度には定評があるが希少性や価格競争力は低く、産地のブランド戦略が「不十分」とする回答は75%に上った。北海道ブランドを過信せず、付加価値を高める自助努力が欠かせない。

 今回の調査では、道産農水産物のブランド力を高める要素として「品質」「価格競争力」「安全性」「希少性」「安定供給力」「産地の知名度」の6項目を設定。道外の産地と比べた評価を10点満点で聞いた。

 その結果、知名度(平均8.2点)や品質(7.4点)、安全性(7.3点)の評価が高く、価格競争力(5.5点)や希少性(6.0点)は低かった。

 農林水産省北海道統計・情報事務所によると、2002年の道内の農業産出額は1兆560億円、海面漁業・養殖業生産額は約2800億円。全国シェアはそれぞれ12%、17%とトップを維持している。
/////////////////////////////////////////

希少性が最下位で価格競争力が低い(特に安く売っているわけではない)と言うことは、とるべき戦略は「付加価値を高めるためにちゃんと高い理由」を伝えること。この調査からは、知名度が高いわけですから、「品質」と「安全性」についてきちんと伝える努力が必要ということになりますね。なお14品目中ブランド力1位は、やはり「昆布」でした。「かき」や「そば」が低いのは、悲しいですね。「蒸しがき」なんか最高に美味しいのですが・・・。 島民No.1佐藤

|

« 反響! | Main | 北海道開拓使の会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14687/232887

Listed below are links to weblogs that reference 産地の戦略「不十分」:

« 反響! | Main | 北海道開拓使の会 »