Main | 島民原簿NO1  佐藤 等 »

2004.02.07

生い立ち

2004.1.16に宝島の拡大発起会を行ないました。33名の参加を得て、例によって熱気で溢れかえっていました。冒頭に北海道宝島研究会の発足の経緯を私のストーリーでまとめましたのでこれをアップしておきます。

経 緯*****************それぞれのストーリー<佐藤等の場合>
1999.秋   起栄の会の前身が起動
        ◆佐藤等、孫竹昌幸、高塚伸志、瀬戸篤、杉原浩章
         ~以上 海援隊)
2000.4.20  「起栄の会」第一回開催
        ◆<出逢い、気づき、学び、そして行動>
         をモットーに活動開始
2000.4    小樽商科大学大学院入学
        ◆地域応用経済学・・・北海道の現状を知る
         指導教官:瀬戸篤助教授
         ☆イノベーション(新結合)の必要性を実感
          OB・在学 ~鈴木宏一郎、土井尚人、
          榎本光洋、高塚伸志、川島真一
          →ソーシャルキャピタルの形成
2002.7.19   起栄の会、大学院での気づきや学びを
         基礎として
        ◆地域の経営支援プラットフォーム
          ナレッジプラザ設立
2003年初  海援隊有志で
        「北海道のために具体的に行動したい」と話す
2003.9    居酒屋「柳」で・・中村信仁氏とやはり
        「北海道のために具体的に行動したい」と話す 
2003.9    9月のとある日、
        就寝中「北海道宝島」の言葉が浮かぶ!
        (本人的には気に入っています)
2003.9    プレ会に向けてかねてから
        「北海道のために・・・」と目星をつけていた
        方々にお声掛けする 
        ◆「北海道宝島研究会」立ち上げ
2003.9.22  プレ会実施 母体ナレッジプラザの
        ポリシーをお伝えする。
        ◆活動の基本姿勢、目指すものなど
        フリートーキング参加者13名
2003.10.17 早くも定山渓合宿
        ◆目指すものなどフリートーキング
2003.10.20 ミーティング
        ◆11.20イベント打ち合わせなど
2003.11.17 ミーティング
        ◆11.20イベント打ち合わせなど
2003.11.20 大交流祭開催
        ◆11の異業種交流会・研究会で95名参加
         『北海道宝島宣言』を行なう。
11.20の案内文です↓
日頃様々な目的で交流会や勉強会などに参加して積極的に地域の問題に取組んでいる方々が一堂に会して、北海道の進む道を考える機会を設けます。新たな<出逢い>と新たな<気付き>を皆さんで共有することで、新たな1頁が開かれることを願っております。
主催の「北海道<宝島>研究会」は、以下の3つの行動を通じて、北海道の潜在力を引き出し、北海道を
魅力ある憧れの地<宝島>とすることを目的として、平成15年年9月より活動を開始しました。
① 北海道に眠っている宝物を探し出し、価値ある形で世に送り出すこと。
② 北海道スタンダードを発信し、多くの交流が生まれること。
③ もの・心・環境ともに豊かな地域を実現すること。
以上「北海道<宝島>宣言」
今回は、この「北海道<宝島>宣言」をするとともに、これを実現するために、広く志を同じくする方々の参加を募るべく<大交流会>を企画しました。

2003.12.8   ミーティング
        ◆今後の活動体制など
2004.1.9    ミーティング
        ◆1.16の打ち合わせなど
2004.1.16  セミナー&拡大発起会
        我々の活動の基盤である北海道の未来のために、
        ともに考え行動する志を同じくする方々を募るべく
        北海道宝島研究会拡大発起会を開催(参加33名)

|

Main | 島民原簿NO1  佐藤 等 »

Comments

This hot naked teen model posing in an armchair for you surely knows how to seduce her watchers best – she exposes her breathtaking smooth curves so well that you start craving her from the moment you see her! Would-be teen erotica superstar here!

Posted by: Remar | 2010.05.01 at 03:36

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14687/173774

Listed below are links to weblogs that reference 生い立ち:

Main | 島民原簿NO1  佐藤 等 »